明日の地球の為に今出来ること・・・協和硝子株式会社では、限りある資源の再利用を通して、人にやさしい環境づくりを目指しております。

沿革
1932年 田村清が東京都中野区で空びん回収販売業「田村商店」を創業。
1950年 3月 法人に改組「協和硝子株式会社」として発足。
1955年 3月 自動洗びん機を導入し洗びん事業の拡大を図る。
1965年 7月 埼玉県入間郡三芳町に支店を開設。
その後、東京都足立区、埼玉県越谷市・北本市・北埼玉郡騎西町に支店を開設。
1971年 3月 「協和硝子株式会社」を発展改組し、不動産管理会社「協和商事株式会社」と、
空壜回収卸売業「協和硝子株式会社」として発足する。
1992年 3月 中野区の資源物(びん・かん)の分別回収業務を受託する。
以後、行政の資源物分別回収業務(委託事業)を拡大する。
1997年 12月 廃棄物再生事業者登録(東京都・空びんの再生)
2000年 3月 一般貨物自動車運送事業許可
2000年 4月 生活クラブ連合会の空びん取り扱いを、埼玉県入間郡三芳町で開始する。
2001年 12月 産業廃棄物収集運搬業許可(東京都)
2002年 3月 業廃棄物収集運搬業許可(埼玉県)
2002年 7月 古物商営業許可(東京都・埼玉県)
2004年 8月 廃棄物再生事業者登録(埼玉県・空びんの再生)
2009年 5月 役員改選に伴い、田村豊也が取締役会長、田村寧隆が代表取締役に就任する。

Page Top